• ホーム
  • サイトマップ
  • お買い物ガイド
  • 買い物カゴを見る
  • お問い合わせ

HOME > お遍路紀行 > お遍路基礎知識

お遍路基礎知識

多くの人に親しまれ、今や観光のとしても気軽に巡拝して回ることもできるようになったお遍路。しかし、いくら気軽になったからといっても、作法やしきたりは守らなければなりません。そこで、以下にお遍路をされる際の基礎知識をご紹介します。

お参りの仕方

心構え

心構え
  • 後からお参りされる方のため、中ほどを空け、左右に寄ってお勤めしましょう。
  • 朱印は、お参りの後で納経の印としていただくくのが原則です。
  • 巡拝中は、飲酒や遊興はもちろん、愚痴や妄言も慎むように心がけましょう。
  1. 仏様とお大師様に対する礼儀として、山門の正面で合掌一礼する。
  2. 手水場で手を洗い、口をすすぎ、身を清める。
  3. 仏様とお大師様への挨拶として鐘楼堂で鐘をついてもよい(鐘をつけない所もあります)。参拝後に鐘をつくのは縁起がよくないとされています。
  4. 本堂に向かい、ローソク(灯明)と線香をあげる。火は必ず自分のマッチもしくはライターでつけること。もらい火は禁物。
  5. 納札または写経を所定の場所に納める。
  6. お賽銭をあげる。
  7. 数珠を右手の中指、左手の人差し指または中指に掛けすり合わせる。
  8. 合掌し、経本に従ってお経を唱える。
  9. 次に、大師堂(四国八十八ヶ所・四国別格二十霊場のみ)でも本堂と同じように礼拝する。決まりはありませんが、 他のお堂等もお参りしましょう。
  10. 納経所で納経軸・納経帳・白衣などに朱印をいただく(有料)。
  11. 山門を出る時も、合掌一礼をする。
守ってほしいお遍路さんのマナー
  • 橋の上では金剛杖はつかないこと。橋の下でお大師様が休んでいるといわれています。
  • 地元の方の「お接待」は快くいただきましょう。
  • 譲り合い・助け合いの精神で行動しましょう。
  • すれ違うお遍路さんとは、必ず挨拶を交わしましょう。

お経について

お経の唱え方は、霊場巡りによって違います。以下に、四国霊場巡りと観音霊場巡りの読経について解説します。

四国霊場巡りの場合

四国八十八ヶ所・四国別格二十霊場のお参りで唱えるお経の中で、一般に多く見かけるタイプです。各お寺の本堂・大師堂で次の順であげます

  1. 開経偈(かいきょうげ)
  2. ざんげ文(さんげもん)
  3. 三帰・三竟(さんき・さんきょう)
  4. 十善戒(じゅうぜんかい)
  5. 発菩提心真言(ほつぼだいしんしんごん)
  6. 三摩耶戒真言(さんまやかいしんごん)
  7. 般若心経(はんにゃしんぎょう)
  8. 御本尊御真言(ごほんぞんごしんごん)
  9. 光明真言(こうみょうしんごん)
  10. 大師宝号(だいしほうごう)
  11. 回向文(えこうもん)

観音霊場巡りの場合

日本最古の観音霊場である西国三十三ヶ所をはじめ、秩父三十四ヶ所、坂東三十三ヶ所など観音霊場のお参りであげるお経の中で、一般に多く見かけるタイプです。各お寺の本堂で次の順であげます。

  1. 開経偈(かいきょうげ)
  2. ざんげ文(さんげもん)
  3. 三帰・三竟(さんき・さんきょう)
  4. 十善戒(じゅうぜんかい)
  5. 般若心経・延命十句観音経(はんにゃしんぎょう・えんめいじっくかんのんきょう)
    ※観音経(普門品25偈文/ふもんぼん25げもん)
  6. 回向文(えこうもん)

お遍路にまつわる豆知識

お遍路に関して、よく使われたり、聞いたりする用語について解説いたします。お遍路の豆知識として、覚えておくとよいでしょう。 

八十八ヶ所

なぜ、四国八十八ヶ所という中途半端な霊場数なのだろうとお思いの方も多いのではないでしょうか。
八十八という数字は、人間のもつ煩悩の数で、満願成就するとそれらが断滅して成仏できるということから定着したといわれています。他にも、「米」の字に通じることから、五殻豊穣を祈る数であるとか、男42歳、女33歳、子供13歳の厄年を合計した数という説もあります。

同行二人

1人で歩いていても、実はお大師様に見守られながらの2人旅であることを意味します。
お大師様が常に一緒にいてくださっているという、長く厳しいお遍路において心の支えになる言葉。

打つ

お寺にお参りすることを「打つ」といいます。これは昔、木の薄板でできた納札をお堂に打ちつけていたことが由来です。

【「打つ」のつく用語】
順打ち…打ち始めの札所から番号順に四国を時計まわりに巡拝すること。
逆打ち…打ち始めの札所から番号の逆に四国を反時計まわりに巡拝すること。うるう年に逆打ちを1回すると、順打ち3回分の功徳があると言われます。
通し打ち…八十八ヶ所の札所すべてを一度に続けて巡拝すること。
区切り打ち…八十八ヶ所の札所を日にちを何回かに分けて巡拝すること。近年、増えている巡拝方法です。

十善戒

十善戒とは、人がしてはいけないことを説いた仏教の教えです。守るように心がけましょう。

  • 不殺生(ふせっしょう)…むやみに生き物を殺さない。
  • 不偸盗(ふちゅうとう)…盗みをしない。
  • 不邪淫ふじゃいん…ふしだらなことをしない。
  • 不妄語(ふもうご)…嘘をつかない。
  • 不綺語(ふきご)…いい加減なことを言わない。
  • 不悪口(ふあっく)…荒々しい言葉を使わない。
  • 不両舌(ふりょうぜつ)…陰口を言わない。
  • 不慳貧(ふけんどん)…欲深いことをしない。
  • 不瞋恚(ふしんに)…ねたまない。怒らない。
  • 不邪見(ふじゃけん)…邪心を持たない。歪んだ物の見方をしない。
お遍路紀行
お遍路処 お参りの梵
  • フリーダイヤル 0120-1381-25(いいさんぱい にっこり)
  • 営業時間 10:00〜18:00(日・月・祝祭日・年末年始を除く)
  • お問い合わせ
  • 担当 渡辺・小川

ページの先頭へ

Copyright (C) 2007 hourindo Corporation. All Rights Reserved.