• ホーム
  • サイトマップ
  • お買い物ガイド
  • 買い物カゴを見る
  • お問い合わせ

HOME > お遍路紀行 > お遍路グッズ

お遍路グッズ

お遍路さんの服装と持ち物には、特に決まりはありません。近頃では、洋服の上に白衣を付け、輪袈裟・菅笠・金剛杖のみの簡略化したスタイルが多くなっています。以下では、正式な巡拝スタイルに用いるお遍路グッズをご紹介します。

お遍路さんの巡拝姿

各グッズ名をクリックしていただきますと、該当商品の紹介ページへと移動します。

菅笠(すげがさ)

直射日光を防いだり、雨をしのぐのに役立ちます。修行者の心構え「迷故三界城、悟故十方空、本来無東西、何処有南北」と「同行二人」、梵字が笠の天辺から四方へ記されています。梵字を正面にして被ってください。また菅笠はお堂の中に入っても取らなくてよいことになっています。

白衣(はくい・びゃくえ)

白衣の背中には、「南無大師遍照金剛」「同行二人」などの文字が記されています。着ることで遍路としての自覚にもなり、身を引き締めてくれます。着用する道中着の他に、各札所でご宝印をいただく判衣の2着を用意します。

金剛杖(こんごうつえ)

金剛杖は、弘法大師様や仏様の分身と言われる大切な道具。取り扱いにも注意を払い、宿では、まず杖の先を洗い、丁寧に拭き、合掌します。また、橋の下でお大師様が寝ているという伝説から、橋の上では杖をついてはいけません。

輪袈娑(わげさ)

略式の袈裟で、霊場巡拝の正装具。参拝時は必ず首にかけますが、食事やトイレの際は外すのがマナーです。輪袈娑はよくずれるので輪袈娑留めで固定した方がいいでしょう。

山谷袋(さんやぶくろ)

納経帳や経本、ローソク・お香やタオルなどの持ち物を入れる袋。頭陀袋(ずだぶくろ)とも呼びます。

札ばさみ(ふだばさみ)

納札を入れます。

数珠(念珠)

一般的に、108玉の物を使用します。

持鈴(じれい)

御仏様を美しい音色でもてなすための鈴です。魔除け、熊除け、へび除けにもなります。

手甲・脚半

昔ながらの正式な巡拝姿になる際に着用します。手甲は日焼け防止にも役立ちます。

ご用意する物

お遍路をより意義のあるものにするための必需品をご紹介します。荷物が増えることになりますが、ぜひご用意されることをおすすめします。

納札

納札

ご本尊さま、お大師様への参拝の報告として、各札所のお堂に納めます。また、道中で「お接待」を受けた時に差し出すのが昔からの習慣です。

納経軸

納経軸(四国八十八ヶ所観音霊場その他霊場

満願の証をカタチに残す場合に欠かせません。ご宝印をいただいた納経軸を表装することで、立派な家宝となります。

納経帳

納経帳

各札所で礼拝・納経の後、納経の証としてご宝印をいただくための帳面です。一生のお守りであり、悩みある時は、これを礼拝します。

白衣

白衣

着用するものとは別に、ご宝印を頂くための白衣があります。自分もしくは身内が亡くなった時に着せてあげます。

数珠

数珠

お寺参りの必需品です。礼拝する時に使用します。

線香・ローソク

線香・ローソク

お堂の前にあるお寺もありますが、ないお寺も沢山ありますので準備していくことをおすすめします。

勤行本

勤行本

お経を読誦する行為は、経本を見ながら唱えるというのが基本になります。覚えていても経本を見ながらお経をあげるのがマナーです。

お遍路紀行
輪袈裟 菅笠 白衣 札挟 手甲 数珠 脚半 金剛杖 山谷袋 持鈴
お遍路処 お参りの梵
  • フリーダイヤル 0120-1381-25(いいさんぱい にっこり)
  • 営業時間 10:00〜18:00(日・月・祝祭日・年末年始を除く)
  • お問い合わせ
  • 担当 渡辺・小川

ページの先頭へ

Copyright (C) 2007 hourindo Corporation. All Rights Reserved.